ABOUT

22世紀数理統計研究所について

データをめぐるしくじりを未然に防ぎます。
データのビジネスへの正しい使い方をご提案します。

研究所設立のREASON

ビジネスにおけるデータ活用は、今や、一般的な企業戦略になりました。
しかし、データの利用を誤れば、客観的な分析に基づく正しい戦略は得られません。
弊研究所は、社内にデータ分析の専門職を抱えない御社のパートナーとして、
データの正しい利用をサポートします。

研究所設立の理由イメージ画像
3
4
5
6
7

フィールPROFILE

清水健一

チーフアナリスト

清水 健一

Kenichi Shimizu

千葉県佐倉市生まれ(1975年6月)
ドイツ・ベルリン在住(2014年7月〜)
ドイツ・ブラウンシュバイク工科大博士(数理統計)

経歴

2021年11月~現在ドイツ国際政治安全保障研究所アジア研究グループ客員研究員(インフレーションに関する研究)
2021年8月22世紀数理統計研究所設立
2015年7月子育てのため退官
2014年8月~現在ドイツ・ブラウンシュバイク工科大学数理統計研究所客員研究員
(ノンパラメトリック法、ブートストラップ法に関する研究)
2013年7月~2014年7月財務省大臣官房地方課総括補佐(財務局による政策広報、地域貢献の推進などに従事)
2012年8月~2013年7月ドイツ国際政治安全保障研究所アジア研究グループ客員研究員(東アジアの通貨に関する国際協調の研究)
2010年7月~2012年7月財務省国際局為替市場課資金管理室総括補佐(2度の為替介入の支援、日韓通貨スワップ、特別会計法の改正、
JBICへの外貨貸付、外為特会の一般会計繰入ルールの策定などに従事)
2009年7月~2010年7月財務省大臣官房文書課課長補佐(法令審査官)(財務省所管法案の国会審議に向けた調整、
民主党政権における「政策会議」の創設、公文書管理制度の創設に向けての議論などに従事)
2009年5月ドイツ・ブラウンシュバイク工科大学理学博士(ノンパラメトリック法、ブートストラップ法に関する研究)
2009年4月~2009年7月内閣官房副長官補付(社会保障改革推進懇談会報告などに従事)
2008年9月~2009年4月内閣官房内閣総務官室内閣参事官補佐(社会保障国民会議最終報告などに従事)
2008年7月~2008年9月内閣官房内閣総務官室伊藤内閣総理大臣補佐官付(社会保障国民会議などに従事)
2005年6月~2008年7月在ドイツ日本国大使館財務班一等書記官(サブプライム問題の調査、
G7財務大臣会合・日独租税条約改定の支援などに従事)
2003年7月~2005年6月厚生労働省老健局計画課企画法令係長(介護保険法の施行5年後の抜本的改正、
特別養護老人ホーム・認知症高齢者グループホームの設備・運営基準の緩和などに従事)
2002年12月ロンドン大学金融経済学修士
2000年1月~2000年7月大蔵省主計局主計企画官付調整第一係(平成12年度予算の国会審議などに従事)
1999年6月~2000年1月札幌国税局調査査察部統括国税調査官付国税調査官(北海道の大規模法人の税務調査に従事)
1998年4月~1999年6月大蔵省主計局総務課企画係(平成11年度予算・3次にわたる補正予算の編成、
公共事業等施行対策連絡会議などに従事)
1998年3月東京大学法学部卒業
1997年11月司法試験合格
1994年4月東京大学教養学部文科一類入学
1994年3月私立開成高等学校卒業
1991年3月私立開成中学校卒業
1988年3月千葉県佐倉市立間野台小学校卒業
1975年6月千葉県佐倉市生まれ

書籍、発表論文など

  • Regional Exchange Rate Management in East Asia: Possibilities and Limits, in Currency Cooperation in East Asia edited
    by Rovekamp, F. and Hilpert, H. G., Springer (2014), 83-96.
  • Bootstrapping the nonparametric ARCH regression model. Statistics & Probability Letters 87 (2014), 61-69.
  • 財務局の地域経済・社会への貢献 地域のために、地域とともに.
    財務省広報誌ファイナンス7月号 (2014), 2-9. Together with Toshiyuki Yasui et al.
  • Regional cooperation for financial and exchange rates stability in East Asia- Extending existing currency swap agreements without
    the linkage to an IMF program and creating the East Asian version of the Special Drawing Rights.Working Paper FG7,
    Stiftung Wissenschaft und Politik 1 (2013).
  • The bootstrap does not always work for heteroscedastic models. Statistics & Risk Modeling 30 (2013), 3, 189-204.
  • Japan nach den Wahlen - Kein Ende des Reformstaus. SWP-Aktuell A76 (2012). Together with Alexandra Sakaki.
  • Bootstrapping Stationary ARMA-GARCH Models. Vieweg+Teubner Verlag (2010).
  • ドイツの財務官僚. 財務省広報誌ファイナンス9月号 (2007), 48-55.

講演

  • Hochschule fur Wirtschaft and Gesellschaft Ludwigshafen(May 2022), TheMirages of Hedonics:Quantitative Analysis of
    technological innovation contained in inflation rates.
  • Hochschule Ludwigshafen am Rhein (May 2013), Regional Exchange Rate Management in East Asia.
  • Ostasiatische Gesellschaft Tokyo (June 2010), Financial Politics of Japan.
8
9
0